電動キックボードの免許不要はいつから?法改正について紹介

電動キックボードは小回りが利き、騒音や排気ガスもなく便利な乗り物です。

ただ電動キックボードの利用・購入を検討している人は「そもそも免許って必要なの?」「法的に問題ないように乗るにはどうすればいいの?」と思うかもしれません。

結論からいうと、2024年4月頃には、一定条件を満たせば「免許がなくても、電動キックボードに乗れる」と予想されています。

電動キックボードに関する道路交通法は、2022年4月に改正案が衆議院で可決されて「16歳以上という年齢制限をクリアすれば免許不要になる」という内容が決まりました。

ただし、2022年8月現在では改正道路交通法がまだ施行されておらず、2024年4月ごろに施行されるといわれています。

この記事では、免許不要に関する法改正のポイントと、電動キックボードを利用したい人が知っておくべきことを紹介します。

目次

免許不要は2024年4月ごろに始まると予想

道路交通法の改正案によって、電動キックボードは16歳以上という年齢制限をクリアすれば、免許不要になりました。

ただし、改正案は2022年4月に可決されただけです。

改正で免許不要は決まっていますが、まだルールが適用されていません。

法案は可決されればすぐ適用されるわけではなく、可決から施行まで2年程度かかるといわれています。

そのため2022年4月に可決された電動キックボードの新ルールは、2024年の4月までに適用されると予想されています。

電動キックボードは原付バイクと同じ扱い

2022年8月現在は、電動キックボードは原付バイク(原動機付き自転車)と同じ扱いになっています。

電動キックボードに乗るなら、下記の条件を満たなければいけません。

  • 運転免許
  • ヘルメット着用
  • 自賠責保険加入
  • ナンバープレート装着

法改正によって免許不要で、ヘルメット着用が努力義務になるからといって、2022年現在に免許もヘルメットもなしで、電動キックボードに乗ると交通違反です。

現在は電動キックボードが原付バイクと同じ扱いになっていますが、道路交通法が改正されると「特定小型原動機付き自転車(以下 特定小型原付)」という区分に入ります。

特定小型原付は改正案によって新しくできた区分で、電動キックボードの免許不要・ヘルメット着用義務なしといった条件は、特定小型原付に対して適用されます。

特定小型原付の定義は細かく決まっていますが、重要なポイントは最高時速20km以下に制限されていることです。

そのほか、所定のサイズや保安部品の規定されています。

そのため、法改正後に免許不要・ヘルメット着用義務なしの電動キックボードに乗るなら、特定小型原付の条件を満たした商品を購入しなければいけません。

法改正で変わるポイント

道路交通法の改正と区分の追加によって、電動キックボードのルールは下記のように変わります。

改正前(現在のルール)改正後
免許必須不要
ヘルメット必須(努力義務)
自賠責保険必須必須
ナンバープレート必須必須
速度制限時速30km時速20km
走行場所車道のみ車道・自転車レーン・路側帯
年齢制限免許に準ずる16歳以上

改正前(2022年現在)のルールでは運転免許・ヘルメットが必要ですが、改正後に新たに加わる「特定小型原付」を運転するときは、免許不要・ヘルメットの着用が任意になります。

ただし、改正後の電動キックボードは特定小型原付という区分になり、16歳以上という年齢制限を満たさなければいけません。

また特定小型原付であっても、自賠責保険の加入・ナンバープレートの着用は現在と変わらずに、改正後も必須です。

最高時速によって走行できる場所が変わる

電動キックボードの利用・購入を検討している人にとって「歩道でも使えるのかどうか?」は、関心のあるポイントでしょう。

道路交通法改正後の電動キックボード等の特定小型原付は、最高時速によって走行できる場所が下記のように変わります。

基準時速制限走行場所識別灯火
特定小型原動機付自転車(歩道通行車モード)6km歩道(自転車走行可能)・路側帯緑色
特定小型原動機付自転車20km車道・自転車レーン・路側帯水色
原動機付き自転車(原付バイク)30km車道のみ

歩道を走行するなら、最高時速6kmの制限を守らなければいけません。

さらに特定小型原付のルールとして、車体に識別灯火というライトを点滅させて「今は歩道通行できるモードにしている」と周りに表す必要があります。

つまり、電動キックボードで歩道を走行するためには、最高時速6kmの制限を守り、識別灯火で歩道走行モードにしなければいけません。

特定小型原付で時速6km以上20㎞以内の運転であれば、車道・自転車レーン・路側帯を走行できます。

時速20kmを超えてしまうと、原付バイクと同じ扱いになり、車道しか走行できません。

このように最高時速によって、走行できる場所も変わってきます。

最高時速モードを変えて走行場所を選ぶ

電動キックボードは最高時速によって、走行できる場所が変わるため、歩道・車道の両方を走行したいなら最高速度を変える必要があります。

電動キックボードによっては、最高時速を6km・20km・30kmと変更できるものもあります。

歩道を走行したいときは識別灯火と最高時速を6kmモードに、車道を走行したいときは識別灯火と最高時速を20kmモードに切り変えれば問題ありません。

電動キックボードのシェアサービスで知っておきたいこと

「電動キックボード=ヘルメット着用義務がない」というイメージを持っている人がいるかもしれません。

道路交通法の改正によって、電動キックボードのヘルメット着用義務はなくなる予定ですが、現在はヘルメット着用は必須です。

ただし一部の電動キックボードシェアサービスでは、ヘルメットの着用が義務になっていません。

電動キックボードのシェアサービスでは、特定の地域と連携した実証実験という形を取っており、認定されたエリア内ならヘルメットの着用義務がありません。

そのため「ヘルメットを着用せずに電動キックボードを利用しても問題ない」というイメージを持っている人がいるかもしれませんが、あくまで一部のエリアのみで許されている例です。

2022年8月現在、自分で電動キックボードを購入して利用するなら、ヘルメットの着用は必須になっているので注意しましょう。

現在電動キックボードに乗るならやるべきこと

「将来的に電動キックボードが免許不要で乗れることは分かったけど、今乗りたい人はどうすればいい?」と思うかもしれません。

2022年8月現在、電動キックボードに乗るなら、下記のような手続きが必要です。

  1. 免許の取得
  2. 電動キックボードの購入(公道走行可)
  3. 役所でナンバープレートを発行して車体に取り付け
  4. 自賠責保険の加入

電動キックボードは原付バイクと同じ扱いになっているため、原付免許(原動機付き自転車免許)・普通自動車免許などが必要です。

電動キックボードを購入したら、近くの役所でナンバープレートを発行して、コンビニなどで自賠責保険に加入しないといけません。

すべての電動キックボードが公道を走れるわけではなく、保安基準をクリアした電動キックボードでなければ公道走行できないため注意しましょう。

Free Mileの電動キックボード「Free Mile plusなら、公道を走行できるため、安心して購入できます。

また「電動キックボードが気になるけど、購入前に一度乗ってみたい」という人は、試乗会の参加もおすすめ!

Free Mileでは東京都の恵比寿で「購入割引特典付き」試乗会を開催しているほか、全国各地の販売取扱店でも試乗ができます。

試乗の詳細については、下記のページをご覧ください。

Free Mile plusに興味がある方へ

Free Mile plusは、試乗も可能です!

実際に乗ってみると、

  • 走り出しの感覚や安全性
  • モードを切り替えした時のイメージ
  • 走行時の振動の感覚や、ブレーキの効き具合
  • 盗難対策として活用できるイグニッションキーを抜き差しする方法

などを体感できます。

>>あなたの街まで試乗機をデリバリーする「Test Mile」も利用可能です!

好奇心を刺激する
パーソナルモビリティ

移動のかたちが変わる。ただそれだけで、日常が変わる。例えば、ちょっと遠くにあるお店。いつもの駅のひとつ隣駅。わざと遠まわりの帰り道。

Free Mileがそこにあれば、思わずフラッと出かけたくなる。予定がなくたって、好奇心の赴くままに出かけよう。

※掲載している商品画像は開発中のイメージとなりますので一部デザインが変更になる可能性があります。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる