電動キックボードの速度はどのぐらい?時速・交通ルールを紹介

電動キックボードは簡単に運転できて、ちょっとした移動に便利な乗り物です。

電動キックボードについて調べていると「速度ってどれぐらい出るの?」と気になる人もいるでしょう。

電動キックボードの速度はものによって異なりますが、法定速度は時速30kmです。

なぜなら道路交通法では、電動キックボードは原付バイクと同じ扱いになるからです。

この記事では電動キックボードの速度・交通ルール・法改正について紹介します。

目次

電動キックボードの法定速度は時速30km

電動キックボードで公道走行するなら、法定速度は時速30kmです。

道路交通法では、電動キックボードは原付バイクと同じ区分です。

そのため原付バイクの法定速度である時速30kmが、電動キックボードの時速制限になっています。

実際に公道を走るときに時速30kmであれば、自動車・バイクに比べて速度もそこまで遅くないため、安全に走行できます。

私も実際に電動キックボードで公道走行したことがありますが、通行の妨げにならないぐらいの速度が出るため、安心して運転できました。

「電動キックボードで公道走行したいけど、速度が遅そうで不安」という人も、心配ないぐらいスムーズに走行できます。

Free Mile plusは最高時速45km

Free Mileで販売しているFree Mile plusは、モードチェンジすることで最高時速45kmになります。

「法定速度は時速30kmなのに、時速45kmも必要あるの?」と思うかもしれません。

Free Mile plusが最高時速45kmを出せるのは、坂道や斜面を走行するときにも時速30kmを保てるためです。

平地で時速30kmが出たとしても、坂道・斜面を同じパワーで走ると、速度は落ちてしまいます。

車道を走るときに、他の自動車・バイクに比べてあまりに遅い速度で走ると、通行の妨げになり危険です。

Free Mile plusのように最高時速45kmのパワーで坂道・斜面を走行できれば、安全な運転ができます。

私はFree Mile plusで坂道・斜面を走行したことがありますが、モードチェンジすることで時速30kmを保ったまま安全に走行できました。

電動キックボードの最高速度はものによって異なりますが、坂道・斜面でも安全に走行したい人は、Free Mile plusのパワーがあるものを選びましょう。

電動キックボードの交通ルールについて

電動キックボードで公道走行するには、法定速度が時速30km以外にも交通ルールがあります。

交通ルールを把握して、正しく運転すれば安全な乗り物です。

ここからは、2023年1月現在の電動キックボードの交通ルールについて紹介します。

保安基準

そもそも電動キックボード自体が、保安基準を満たさなければ、公道走行できません。

保安基準とは、安全に走行するために装置がついているかどうかの基準です。

  • ミラー(後写鏡)
  • ウインカー(方向指示器)
  • クラクション(警音器)
  • 機械式ブレーキ(制動装置)
  • ブレーキランプ(制動灯)
  • スピードメーター(速度計)
  • テールランプ(尾灯)
  • ナンバー灯(番号灯) ※最高速度19km/h以下は不要
  • リフレクター(後部反射器)
  • フロントライト(前照灯)※要自動点灯

上記の装置が欠けていると、保安基準を満たしておらず、公道走行できません。

そのため電動キックボードで公道走行したいなら、保安基準を満たしており「公道走行可能」というものを選びましょう。

ただし大手量販店や通販サイトで販売されている電動キックボードはおすすめできません。

なぜなら販売側が保安基準を正しく理解しておらず、公道走行できるといって販売されていた電動キックボードが、実際には公道走行できなかったケースもあるからです。

保安基準を満たした電動キックボードを購入するなら、正しくルールを把握しており実績のある専門店を選びましょう。

自賠責保険・ナンバープレート

電動キックボードで公道走行する前に、自賠責保険の加入・ナンバープレートの着用をしなければいけません。

自賠責保険とは対人事故を保証するもので、法律によって加入が義務付けられています。

「加入手続きが大変そう」と思うかもしれませんが、コンビニで簡単に手続きできます。

どこで手続きしても保険料は一切変わらないので、コンビニで手続きしても損することもありません。

コンビニのコピー機で加入手続きをして、レジで保険料を払えば完了です。

またナンバープレートは、近くの役所で簡単に発行してくれます。

役所で書類を提出すれば、30分程度でナンバープレートを受け取れます。

ナンバープレートの発行自体は無料なので、費用もかかりません。

運転免許証・ヘルメット

電動キックボードで公道走行するときは、運転免許証・ヘルメットが必須です。

道路交通法では、電動キックボードは原付バイクと同じ扱いになるため、原動機付自転車免許・普通自動車免許などが必要です。

運転時に免許証を持っていないと、免許不携帯として交通違反になるので注意しましょう。

また運転時にはヘルメットを着用しなければいけません。

面倒かもしれませんが、もし事故をしたときにヘルメットをしていなければ、リスクが高くなります。

一部の電動キックボードシェアサービスでは、ヘルメットなしで運転できますが、あくまで例外です。

基本的には、電動キックボードを運転するときに、ヘルメットは必要なので忘れず着用してください。

歩道走行禁止

電動キックボードについて誤解されがちなルールが、歩道の走行です。

2023年1月現在、電動キックボードは歩道走行が禁止されています。

いくら速度を落として、通行人がいない状態だとしても、歩道走行は交通違反です。

もし歩道走行するなら、電源を切って電動キックボードを押しながら進みましょう。

2023年7月に電動キックボードの交通ルールが変わる

2023年7月に、電動キックボードに関するルールが大きく変わります。

ルール変更によって、電動キックボードは特定小型原付という新しい区分になります。

特定小型原付になることで、下記のような変更があります。

電動キックボード(現在のルール)特定小型原付(改正後)
免許必須不要
ヘルメット必須任意(努力義務)
自賠責保険必須必須
ナンバープレート必須必須
速度制限時速30km時速20km
走行場所車道のみ車道・自転車レーン・路側帯
年齢制限免許に準ずる16歳以上

改正によって、電動キックボードを含む特定小型原付は「16歳以上であれば運転免許・ヘルメット不要」になります。

ヘルメットの着用は努力義務になるため、ヘルメット着用で運転しても問題ありません。

自賠責保険の加入・ナンバープレートの着用義務は、法改正後も同じです。

ただし2023年1月現在は、道路交通法の改正案が実際に適用されていません。

実際に道路交通法の改正案が適用されるのは、2023年7月です。

改正案が適用されるまでは、現在のルールになるので注意しましょう。

最高時速によって走行できる場所も変わる

電動キックボードを含む特定小型原付は、最高時速によって走行できる場所が変わります。

基準時速制限走行場所識別灯火
特定小型原動機付自転車(歩道通行車モード)6km歩道(自転車走行可能)・路側帯緑色点滅
特定小型原動機付自転車20km車道・自転車レーン・路側帯緑色点灯

識別灯とは、本体に取り付けるランプで、緑色に点滅・点灯させることで走行モードを知らせます。

電動キックボードで、歩道走行したいときには時速6kmモードにすることで、識別灯火も自動で切り替わり緑路に点滅します。

車道を走行したいなら、時速制限を20kmモードに変更します。

このように走行モードを切り替えることで、歩道走行も可能です。

まとめ

今回は電動キックボードの速度について紹介しました。

2023年1月現在、電動キックボードで公道走行する場合の法定速度は時速30kmです。

また電動キックボードで公道走行するためには、下記の条件を満たさなければいけません。

  • 運転免許
  • ヘルメット着用
  • 自賠責保険加入
  • ナンバープレート装着

2023年7月には道路交通法の改正案が適用されて、電動キックボードに関するルールも大きく変わります。

改正後は、16歳以上であれば運転免許証が不要になり、ヘルメットの着用も努力義務になります。

さらに最高時速によって通行できる場所も変わるため、電動キックボードの使い方が大きく広がるかもしれません。

好奇心を刺激する
パーソナルモビリティ

移動のかたちが変わる。ただそれだけで、日常が変わる。例えば、ちょっと遠くにあるお店。いつもの駅のひとつ隣駅。わざと遠まわりの帰り道。

Free Mileがそこにあれば、思わずフラッと出かけたくなる。予定がなくたって、好奇心の赴くままに出かけよう。

※掲載している商品画像は開発中のイメージとなりますので一部デザインが変更になる可能性があります。

YouTubeで「Free Mile plus」の紹介動画をチェックする

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
目次
閉じる