電動キックボードのバッテリー充電・取り外しについて紹介

電動キックボードはバッテリーを充電して、電力で走行します。

電動キックボードの購入を検討している人は「バッテリーはどうやって充電するの?」「バッテリーの注意点を知りたい」と思うかもしれません。

この記事では、バッテリーの充電方法・容量・取り外し、電動キックボードの交通ルールについて紹介します。

電動キックボードのバッテリーについて詳しく知りたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

電動キックボードのバッテリーについて

電動キックボードのバッテリーについて、気になることを紹介します。

バッテリーの充電方法

「そもそも電動キックボードは、どうやって充電すればいいの?」と思うかもしれません。

電動キックボードのバッテリーは、家庭用コンセントに繋いで充電できます。

ガソリンバイクのように、ガソリンスタンドに寄って給油する必要はなく、自宅で簡単に充電できます。

電動キックボードの車体に充電ケーブルを繋いで、スマートフォンのように気軽に充電できます。

バッテリーの取り外し

電動キックボードのバッテリーは、車体に埋め込まれているもの・車体から取り外しできるものの2種類あります。

バッテリーが取り外しできるものだと、バッテリーだけ取り出して自宅・オフィスで気軽に充電できます。

バッテリーが車体に埋め込まれているものは、駐輪スペースまでコンセントを引っ張ってくる必要があるため、少し手間がかかります。

またバッテリーが取り外しできるものは、バッテリーの交換・予備バッテリーとの差し替えも簡単です。

バッテリーが車体に埋め込まれているものだと、バッテリーを交換するときに、わざわざ修理に出さなければいけません。

バッテリーが取り外しできるものは、新しいバッテリーを購入して、リモコンの乾電池のように入れ替えるだけでOKです。

電動キックボードの購入を検討しているなら、バッテリーの取り外しができるものがおすすめです。

充電ケーブルを本体に差し込むタイプ、バッテリーだけ取り外して充電できるタイプがあります。

バッテリーの容量・走行距離

電動キックボードは、バッテリーに充電した電力で走行するので、容量が大きければ大きいほど走行できる距離が長くなります。

自分の使い方・距離を想定して、電動キックボードを選びましょう。

例えばFree Mileで販売しているFree Mile plusは、バッテリー容量が13Ahで、フル充電すれば40km走行できます。

もし往復15kmの通勤で電動キックボードを使いたいなら、Free Mile plusで問題ないでしょう。

自分の使いたい距離がかなり長いと、電動キックボードをフル充電しても、途中で充電が切れる可能性もあります。

その場合には、予備バッテリーを準備しておくのがおすすめです。

Free Mile plusの利用者には、オフィスに予備バッテリーを置いて、充電切れにならないように工夫している人もいます。

予備バッテリーを使うなら、バッテリーを取り外しできるモデルを選びましょう。

電動キックボードの交通ルールについて

「電動キックボードを運転してみたいけど、交通ルールがよく分かってない」という人もいるでしょう。

道路交通法では、電動キックボードは原付バイクと同じ扱いになります。

そのため運転時には免許証・ヘルメットが必要になり、その他にも守るべきルールがあります。

ここからは、電動キックボードで公道走行するための交通ルールについて紹介します。

保安基準

すべての電動キックボードが公道走行できるわけではありません。

公道走行できるのは、保安基準を満たした電動キックボードです。

保安基準とは、安全に走行できるための装置がついているか・整備ができているかの基準です。

  • ミラー(後写鏡)
  • ウインカー(方向指示器)
  • クラクション(警音器)
  • 機械式ブレーキ(制動装置)
  • ブレーキランプ(制動灯)
  • スピードメーター(速度計)
  • テールランプ(尾灯)
  • ナンバー灯(番号灯) ※最高速度19km/h以下は不要
  • リフレクター(後部反射器)
  • フロントライト(前照灯)※要自動点灯

上記の装置がひとつでも欠けていると、整備不良となり公道走行できません。

整備不良の状態で、公道走行すると、交通違反になるので注意しましょう。

自動車・バイクも車検が必要で、定期的に整備をチェックするように、電動キックボードにも基準があります。

電動キックボードは車検がありませんが、必要な装置がついて整備できているかどうかは、運転する人の責任になります。

自賠責保険・ナンバープレート

電動キックボードで公道走行する前に、自賠責保険に加入して、ナンバープレートを装着しなければいけません。

自賠責保険とは、対人事故を補償するもので、加入が義務付けられています。

「自賠責保険の加入手続きが面倒」と思うかもしれませんが、コンビニで気軽に手続きできます。

コンビニのコピー機で手続きして、レジで保険料を払えば、完了です。

またナンバープレートの発行は、近くの役所で簡単に手続きできて、費用は無料です。

必要な書類などを提出すれば、30分程度でナンバープレートを受け取れます。

「自賠責保険・ナンバープレートの発行が面倒」と思うかもしれませんが、意外と簡単に手続きできます。

運転免許証・ヘルメット

道路交通法では、電動キックボードは原付バイクと同じ扱いになります。

そのため運転時には、運転免許証・ヘルメットが必須です。

原付バイクが運転できるような原動機付自転車免許・普通自動車免許などを持っておかなければいけません。

またヘルメットの着用も義務づけられています。

運転中はヘルメットを着用しておかないと、交通違反になるので注意しましょう。

一部の電動キックボードシェアサービスでは、ヘルメットなしでの運転が認められています。

ただし、ヘルメットなしで電動キックボードを運転できるのは、あくまで例外です。

自分の身を守るためにも、電動キックボードを運転するときは、ヘルメットを着用しましょう。

歩道走行禁止

電動キックボードは、原付バイクと同じ扱いになるため、車道しか走行できません。

いくらスピードが遅くても、歩道を走行すると交通違反になるので、注意しましょう。

電動キックボードで歩道を走行する場合は、電源を切って車体を押しながら進みましょう。

電動キックボードのルールは大きく変わる

2022年4月に、道路交通法の改正案が可決されました。

道路交通法の改正で、電動キックボードが「特定小型原付」という新しい区分に変わります。

特定小型原付に分類が変わることで、下記のような違いがあります。

電動キックボード(現在のルール)特定小型原付(改正後)
免許必須不要
ヘルメット必須任意(努力義務)
自賠責保険必須必須
ナンバープレート必須必須
速度制限時速30km時速20km
走行場所車道のみ車道・自転車レーン・路側帯
年齢制限免許に準ずる16歳以上

特定小型原付は、16歳以上なら運転免許・ヘルメットなしで運転できます。

ただし道路交通法の改正は、内容が決まっただけで、実際には適用されていません。

法律の改正案が可決されて、施行されるまでには2年ぐらいかかると言われています。

そのため道路交通法の改正案が施行されるのは、2024年4月ごろと予想されています。

2022年現在、電動キックボードを運転するには免許証・ヘルメットが必要なので、覚えておきましょう。

時速制限によって走行できる場所も変わる

道路交通法の改正によって、電動キックボードは「特定小型原付」という新しい区分になります。

特定小型原付は、時速制限によって走行できる場所が変わります。

基準時速制限走行場所識別灯火
特定小型原動機付自転車(歩道通行車モード)6km歩道(自転車走行可能)・路側帯緑色点滅
特定小型原動機付自転車20km車道・自転車レーン・路側帯緑色点灯
原動機付き自転車(原付バイク)30km車道のみ

改正後は、電動キックボードでも時速制限6km・識別灯を緑色に点滅させることによって、歩道走行できます。

識別灯とは、電動キックボードに取り付けられたランプで、点滅・点灯することで周りに走行モードを知らせます。

こちらのルールも2024年4月頃に適用される予定なので、2022年現在は適用されていません。

好奇心を刺激する
パーソナルモビリティ

移動のかたちが変わる。ただそれだけで、日常が変わる。例えば、ちょっと遠くにあるお店。いつもの駅のひとつ隣駅。わざと遠まわりの帰り道。

Free Mileがそこにあれば、思わずフラッと出かけたくなる。予定がなくたって、好奇心の赴くままに出かけよう。

※掲載している商品画像は開発中のイメージとなりますので一部デザインが変更になる可能性があります。

YouTubeで「Free Mile plus」の紹介動画をチェックする

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
目次
閉じる